事業紹介

国内事業

生産から販売まで一貫した日本最大規模の畜産インテグレーター

昭和41年の創業以来、私たちは食を通じて皆様に貢献できる企業でありたいと願い歩んで参りました。
現在、生産から販売まで一貫した日本最大規模の畜産インテグレーターとして、全国の食卓に、徹底した衛生管理のもとまごころ込めてつくった鶏肉をお届しております。
より早く、より正確に物や情報の流れをキャッチするために、全国各地の販売拠点を強力かつ効率的なネットワークで結んでいます。卸や販売経路を全国に向け拡大しながら、積極的な販売活動を展開しています。

児湯食鳥の部門紹介

種鶏農場・孵卵場

優秀な原種鶏から生まれる種鶏雛を購入し、種鶏農場で徹底した衛生管理のもと、種卵を産出しています。
農場で選卵消毒された種卵は、孵卵場へ搬入されます。ここでも徹底した衛生管理を施された自動管理システムにより一定の温度と湿度が保たれ、入卵後21日で健康な雛へと孵ります。ワクチンを接種され、専門員の厳しい選別基準をクリアした選りすぐりの雛たちが、雛専用車で農場へと運ばれていきます。

種鶏農場・孵卵場

ブロイラー飼育農場

児湯食鳥のブロイラー飼育農場では、徹底した衛生管理のもと、創業以来培われてきた確かな養鶏技術と豊富なデータをベースに作り上げられた管理マニュアルによって、一羽一羽、丁寧に愛情を込めて、雛を生鳥へと育て上げていきます。
健康な鶏を生産するために、児湯食鳥の農場では、独自の飼料配合設計を行い、鶏の腸内の有用菌の増加と有害菌の抑制を図っています。
こうして成長した鶏から、厳選されたものだけが処理工場へと運ばれます。

ブロイラー飼育農場

食鳥処理工場

児湯食鳥では、宮崎県内に本社工場、都城工場、高崎工場の3つを持ち、熊本県八代市に八代工場を持っています。徹底した衛生管理のもと、安全安心で美しい鶏肉を生産しています。
工場に運び込まれた生鳥は、食鳥検査法に基づく生体検査を受け、それに合格したものが放血、湯漬け、脱毛、中抜きの工程を経て、食鳥屠体検査を受けます。
そこで合格した鶏だけが解体室へと運ばれ、製品に加工されます。

加工部門

都城工場に併設した食品事業部では、新鮮な鶏肉原料を使い、お客様のご要望に応じて高品質の鶏肉加工品を製造しています。

加工部門

児湯食鳥の活力の源

児湯食鳥には、会社全体に活力が溢れています。
その活力の源をご紹介します。

1. スケールのパワー

グループ企業からなる規模の力

昭和41年4月1日、宮崎県児湯郡川南町で児湯食鳥が産声を上げました。以来、私たち児湯食鳥では、食文化の一翼を担う畜産インテグレーターとして、常に消費者の立場で考え、そのあらゆる要望に積極的かつダイレクトに、スピーディに対応できる企業を目指して取り組んできました。
そしていま児湯食鳥グループは、お客様の温かいご支援と従業員一人一人の努力の積み重ねによって、企業規模という強いパワーを手にしつつあります。

2. 情熱のパワー

社員一人一人の熱い思いが生み出す力

児湯食鳥では、創業以来、社員一人一人が「自らが自信を持てる鶏づくり」に情熱を注いできました。 消費者に本当に美味しい鶏肉を届けるために、日々、私たちは生産者の顔が見える鶏づくりを行っています。

3. 品質のパワー

徹底した品質管理システムによる品質力

消費者の皆様の信頼に応えるために。
児湯食鳥は、かけがえのない食を担う立場として、品質管理に決して妥協しません。

4. ブランドパワー

地道な歩みで築き上げた企画商品力

生産者の徹底した品質管理と、うまい鶏づくりへのこだわりが生んだ児湯食鳥ブランド。
それぞれが、銘柄鶏として市場から高い評価を受けています。
豊かな自然環境の中で育てられ独自の工夫と改良が加えられた、まさに児湯食鳥の顔ともいえるブランドの鶏たちを紹介します。

5. 創造力と提案力

未来の食文化をリードするために欠かせない力

限りなく広がり、多様化する消費者ニーズ。
畜産インテグレーターである児湯食鳥では、この食の個性化の流れをリードし、全国の消費者の皆さまを新しい食文化へと導くために、児湯食鳥グループの密接なコミュニケーションを通じて最新の消費者ニーズをリアルタイムにとらえ、未来の提案型フードビジネスへと進化を続けています。

ページトップへ